たて込み簡易土留め施工手順
- Procedure -

たて込み簡易土留設計・施工

「たて込み簡易土留設計施工指針」(たて込み簡易土留協会)に基づいて設計しています。

Pmax:最大土圧(kN/㎡)
q:載荷重(kN/㎡)
H:掘削深さ(m)
γ:土の単位体積質量(kN/㎥)
φ:土の内部摩擦角(°)
C:土の粘着力(kN㎡)
N:掘削地盤の平均N値

1.設計土圧

(1)掘削深3m以下のとき、土圧はランキンレザール式を用います。
Pmax=(q+γH)tan²(45°-φ/2)-2Ctan(45°-φ/2)
ただし粘性土におけるランキンレザール式では、粘着力の効果により土留に主動土圧が作用しなくなることが多くなります。よって、粘性土における土圧の下限値を以下の式により求め、土圧の大きな方を選択します。
Pmax=0.3(γH+q)  
土圧分布は、掘削深さでPmaxとなる三角形分布を取ります。


1.設計土圧

(2)掘削深3mを超えるとき、土圧は断面決定土圧を用います。
(a)砂質土の場合 Pmax=a・b・γ
(b)粘性土の場合 Pmax=a・c・γ

掘削深さによる係数
5.0m≦H a=1
5.0m>H≧3.0m a=1/4(H-1)
地質による係数
砂質度 b=2
粘性土 N>5 c=4
N≦5 c=6

土圧分布は載荷重qを考慮して、砂質土・粘性土により設定します。

2.適用範囲

・ヒービング及びボイリングの恐れのない土質(対策を取ったうえで施工可能)
・掘削幅は、原則として3.0m以下とする(土質条件や特殊部材の使用により広幅も適用可能)
・地下埋設物の横断等の障害が30m区間に4箇所以下、または切廻しが可能な場合
・架空線(高圧線、電話線)が施工区間直上6m以下に架線されていないこと
・湧水が、周辺地盤に影響を及ぼさない程度の排水量(水替え工等による対策がある場合は可能)

3.施工上の留意点

・バックホウのバケットによる打撃で作業しないでください。
・縦梁プレート方式の場合は、隣接する縦梁が密着するように施工します。
・プレートと背面土に隙間が生じた場合、周辺地盤に影響が生じないように裏込めを確実に行います。
・埋め戻し、引き抜き、締固めは定められた厚さごとに繰り返し入念に施工します。
・引き抜き作業はトラッククレーン等で施工します。

4.標準的な施工手順

  1. スライドレール方式作業手順
    ステップ1

    スライドレールの組立

  2. ステップ2

    一次掘削

  3. ステップ3

    スライドレールの建込み

  4. ステップ4

    パネル及び反対側のスライドレールの取り付け

  5. ステップ5

    溝の掘削と土留めパネル及びスライドレールの圧入(繰り返し)

  6. ステップ6

    構内作業

  7. ステップ7

    構内作業

  1. 縦ばりプレート方式作業手順
    ステップ1

    縦ばりプレートの組立

  2. ステップ2

    一次掘削

  3. ステップ3

    縦ばりプレートのたて込み

  4. ステップ4

    縦ばりプレートの圧入(掘削、圧入の繰り返し)

  5. ステップ5

    構内作業

  6. ステップ6

    埋め戻し及び縦ばりプレートの引き抜き・撤去


CROWN INDUSTRY Inc.
〒300-4104 茨城県土浦市沢辺1471-1

  • 地盤改良事業のお問い合わせ
  • リース事業のお問い合わせ