たて込み簡易土留め
- Dodome -

安全性・施工性の高い工法

安全性・施工性の高い工法

たて込み易土留工法は、開削工事における土留工法を、バックホーで掘削しながら土留を施工すること、および地山の崩れを防ぐパネルとこれを保持するスライドレールの根入れがないのが最も大きな特色です。

パネルとこれを保持する左右のスライドレールに複数の切りばりを取り付けて軟合成造の箱形をっくり、この箱形にしたパネルの内側をバツクホーで掘削しながら、所定の深さまで沈下させて土留を完成させる一種の沈埋工法です。


安全性

各部材は、設計基準に基づき計算された強固な構造となっています。施工は、掘削に応じて土留を押し下げる[土留先行工法]であり、安全で効率の良い作業が行えます。

施工性

開削部を確認しながら作業を行いますので、玉砂利層での施工や、埋設障害物を取り除きながらの施工が可能です。

使用用途

上下水道・ボックスカルバート・長尺管(送水管・ガス管等)敷設・特殊人孔・CCボックス・防火水槽 その他開削工事

たて込み簡易土留めの種類

スライドレール方式

掘削深さに応じた数の切り梁をスライドレールと呼ぶ柱状の部材に取り付け、スライドレールに土留めパネルを挿入し、掘削しながらパネル・スライドレールを順次押し下げる方式。
軟弱な地盤でも十分対応でき、特に大口径管やカルバートの施工が容易である。
〔C&Bシステム(コラムタイプ)・クリングスシステム〕

縦ばりプレート方式

スライドレールを用いずに、土留めパネルに切梁を直接取りつけ、パネルと切梁を一体として掘削しながら順次押し下げる方式。
比較的良好な地盤では、たて込みの工数が少なく効率的な作業が行える。
〔C&Bシステム(ボックスタイプ)・NTシーティングプレート〕

製品紹介

浅堀タイプ

C&Bシステム(コラムタイプ)(スライドレール方式) C&Bシステム(ボックスタイプ)(縦梁プレート方式)

C&Bシステム(コラムタイプ)
(スライドレール方式)
カタログはこちら(PDF)

C&Bシステム(ボックスタイプ)
(縦梁プレート方式)
カタログはこちら(PDF)

深堀タイプ

クリングスシステムKR型(掘削深 H=2.5~5.0m) クリングスシステムDG型(掘削深 H=4.0~6.0m) NTシーティングプレート(縦梁プレート方式)

クリングスシステムKR型
(掘削深 H=2.5~5.0m)
カタログはこちら(PDF)

クリングスシステムDG型
(掘削深 H=4.0~6.0m)
カタログはこちら(PDF)

NTシーティングプレート
(縦梁プレート方式)


CROWN INDUSTRY Inc.
〒300-4104 茨城県土浦市沢辺1471-1

  • 地盤改良事業のお問い合わせ
  • リース事業のお問い合わせ